セキュリティ系エンジニア。IT技術について書いているふりをしています。
by neo_logic
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
Twitter
検索
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
【映画評】 メギド 2001年アメリカ/106分/劇場未公開
傑作。

こんなに頭の悪い映画見たことないです。

以下、全面ネタバレですが、見る価値のある映画じゃないので、
これだけ読んでもいいと思います。

前半は基本的に「エクソシスト」と「オーメン」と全く同じつくりです。アレクサンダーっていう悪魔憑きの男がいるのですが、こいつ、ヨーロッパを支配して政治力で世界連合の総統になります。弟は合衆国大統領で、この独裁に徹底抗戦します。
いきなりノリがオカルト物から政治物になります。

「合衆国は屈せん! 人民の人民による人民のための国家であり続ける!!」
と怒鳴る大統領は文句無くカッコいい。でも負ける
南北アメリカと中国以外、全てが総統の傘下に入ります。
中東和平をまとめたとかなんとか、一応理屈らしい理屈もあるのですが、
具体的に何をやったのか全くわかりません

ちなみにこの映画、日本は認識されてません。
監督、日本は中国の一部かなんかだと思ってます。絶対。

さて、アレクサンダーはなにせ悪魔なんで無敵です。負けません。
オカルトなんで、世界首都はエルサレムです。
嘆きの壁でユダヤ人が普通に泣いてるのが爆笑です。

ますます調子に乗る総統。
まだ南北アメリカと中国を残してますが、もう勝ちムードで酒飲んでます。
「神よ! 私は全てを手に入れた! 貴様に屈服していた時代は終わった! 創造主はその子たちに敗れたのだ!」
と、調子に乗っているとき、凄まじい量の隕石が落下!!

神キタ――――(・∀・)――――― !

世界が滅亡同然、主人公激怒(ここで怒るのも意味不明だが)。
「私を敬わないからだ、天誅ー! 」
自国民を怪光線で虐殺!
このジャイアンっぷりがたまらん。そして、強大な経済力によってついに合衆国が屈服。いよいよ世界は本格的に焦る。

さらに主人公、口からイナゴを飛ばして中国も攻撃します。
しかしここで意外にも中華人民はくじけない。
「五億人がやられました」
「なんだ、たった五億人か」
さすがです
「よし、降伏したフリをしよう」
ちなみにヨハネの黙示録では「ハルマゲドンの時、東方より来る使者が」という記述があるらしいです。どうでもいいですけど。

エルサレムに集う各国の軍隊。
満足げな総統アレクサンダー。
「これはわたしの兵器ではない。世界を征服した証であり、トロフィーにすぎないのだ、わはは」

「撃てー!!」

中国軍が赤旗を立てて来襲!!
このシーンだけで見る価値があります。
というか、恐らくこのシーンを先に撮ってます、監督。
タクラマカンはどうやって越えたんだとか、そもそも戦車は100キロも走ると壊れるとかいろいろあるんですが、そこはもう突っ込むところじゃありません

米国とメキシコもこの中国の攻撃に応じて突如離反。
拉致された合衆国大統領が
「これが人間の自由意志だ」
とかなんとか言ってますが、どうみてもとってつけたようなセリフ扱いです。
多分監督が途中でこの大統領のキャラに飽きてます。
ちなみにこいつら現代戦という感覚が決定的に欠落していて、このミサイル戦全盛の時代に、ハリボテのような戦車が火砲を振りまきます
米国もなぜか飛行機で戦います。大陸間弾道弾とか使う気なかったんでしょうか。これも多分忘れてますね。情報戦はおろか、米国と中国との間にはなんのコミュニケーションもありません。
男は正規戦で勝負だ! 。
そういえば一応ヒロインもいますが、可愛くないので積極的に無視したくなります。
こうして前半のエクソシストなノリはどこへやら、いきなり戦争映画になります。
いいかげんにしろ。

ここでアレクサンダー総統、ついに正体をあらわします。

「はっはっは、私はルシファーだったのだよ!」

どうみても身長三メートルの着ぐるみです。本当にありがとうございました。
ロード・オブ・ザ・リングのバルログに片手でひねられそうなチャチな造詣がもう最高。合衆国大統領の首を絞めながら高笑いするルシファー様。

そのとき!
後ろで、光の十字架がルシファーの後ろで光臨!!!
「あれ?」
この振り向いたときのルシファーの負け顔がもうたまりません。
ドリフのタイミングと全く一緒。

神キタ―――(・∀・)―――!!!!

ルシファー敗北!!
ルシファー軍全滅!
神勝利!


終わり。

あ、ちなみに合衆国大統領は多分死んだ。どうでもいいけど。

いやね。
神が偉大でも荘厳でもなく、
神が、強い
という文脈の映画は初めて見たよ。

人間は完全においてけぼりで、ただ、ルシファーが神に敗北して、人はとばっちり。
神に対して祈りもせず恐れも抱かず、ポカーンと状況を見てるだけ。

まあ、こういう映画を死ぬほど見てないと比較できないのでちょっと伝わらないかもしれんのですが、一言で言うと、監督も脚本も、この手の作品や聖書や政治、軍事の知識を中途半端にかじったあげく誤解していて、とりあえず自分が面白けりゃいいという発想の下に完成されてるんですよ。そのくせ全編がセンスの凝縮。キリスト教徒と悪魔崇拝者がどっちも激怒しそうです。ここまで突き抜けて間違えられれば立派だ。

よくこの脚本、企画通ったな。

【評価】
総評 95/100点 (奇作)
勢いとセンス     満点。
勘違い度       合格点。
かけた金       落第点。
知識と教養     零点。むしろマイナス。というか虚数。
[PR]
by neo_logic | 2006-03-01 09:26 | メディア評
<< 【映画評】 サンサーラ 200... 【足跡帳】 >>