セキュリティ系エンジニア。IT技術について書いているふりをしています。
by neo_logic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
Twitter
検索
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
【映画評】 墨攻 2006/中日香韓/
戦争物と思えない、とても地味~な映画。
この話は原作の小説ともコミックともだいぶ違います。
折衷しているようでいてオリジナル。

とても惜しいタイプの映画だと思います。
爽快なラストではなく、悲劇と言うには展開がハリウッド。
どういうスタンスで作っているのかわからないまま完成を
迎えてしまったという印象があります。

こういう映画はもっと一本筋を通して徹底しないとダメ。
焦点がぼけたせいで名作になり損ねた残念な作品です。

【評価】 
総評 : 凡作(55点)
役者 : アンディ・ラウはさすが。
脚本 : 視点が不明瞭。
演出 : それなりに面白い点はある。
[PR]
by neo_logic | 2007-10-08 21:28 | メディア評
<< 【DVD評】 ホテル・ルワンダ... 【DVD評】 イベント・ホライ... >>