セキュリティ系エンジニア。IT技術について書いているふりをしています。
by neo_logic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
Twitter
検索
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
【書評】 赤朽葉家の伝説 桜庭一樹 2006. 東京創元社
桜庭の作品は一貫して浅い。
また、唐突である。

これはデビュー作のゲームからずーっと
私が思っていることだが、この作者、とかく浅い。

扱っているテーマはいいのだが、どうしても
作者の底の浅さが露呈してしまう。

この作品も、昭和から平成にかけての描写が勝負どころなのだが、
どうしても踏み込みが甘く見えてしまう。
けれんが足りないのである。
また、なぜか超能力や超常現象的な設定を
安易に使ってしまうという悪癖もある。

このテーマならもっともっと奇怪な作品に仕上げて欲しかった。
もしくは人物の描写に深くえぐり込んで欲しかった。

こういう感想を持つので、次はどうだ、
という期待をいつも持って読んでしまう。
そしていつも、惜しい、と思ってしまう。

この作家が好きだからなおのことである。

総評:75点(俊作)
舞台:上の中
人物:中の中
展開:上の下
[PR]
by neo_logic | 2008-01-15 21:41 | メディア評
<< 【書評】 砂糖菓子の弾丸は撃ち... 【映画評】 エイリアンズVSプ... >>