セキュリティ系エンジニア。IT技術について書いているふりをしています。
by neo_logic
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
Twitter
検索
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
カテゴリ:メディア評( 37 )
【書評】 ドグラ・マグラ 夢野久作(1976年角川書店)
記念すべき第二回目の挫折である。
なんの話かというと、この小説は難解なのである。

ジャンルは怪奇小説で、精神病をあつかっている。
当事の世相を背景に、実に大胆な論理と展開を持ってきている。
三大奇書と呼ばれる、古典名作である。

が。
また途中をはしょりながら読んだんで
よぅわからんかった。ちきしょう。

まあ意味は比較的わかるんだが、
途中で読もうという意志が尽きるので
落ちが面白いと思えんのである。

引き込まれないとこういうもんの面白さはわからないのだ。
しかし結末も顛末も知ってしまったので、
もう一度読む気になるだろうか。

こういう名作の面白さを味わえないとがっかりしてしまう。
三年以内にまた読もう。絶対に面白いはずなんだが。

評価:挫折につき今回は記述しない。
[PR]
by neo_logic | 2007-06-22 19:08 | メディア評
【映画評】 ブラッド・ダイヤモンド 2006年米/ 143分/カラー
歌舞伎町へ友人とぶらっと期待せずに見に行った映画。

すんげぇ面白かった。胸がスカッしたよ。
爽快な映画らしい映画。

ズウィックはラストサムライのころと比べても腕を上げたな。
ディカプリオも容姿以上の演技力。
まあこの人もともと演技は上手だったよね。
これまで役に恵まれなかった気がする。
今回はいい役もらったなぁと思う。

この作品、まず見事なのはアフリカをどう描いたか、である。
ズウィックのことだからどうせ考証は間違いだらけで
脚色の嵐なんだろうが(少なくともアフリカ内戦で、高価な
銃弾があんなに使えるわけがない)、そこはいい。面白いから。

知らないのは仕方がないし、シエラレオネの実情には
とりあえず興味がないのでここでは考えず、俺もこれが事実だと
騙されておくことにする(まあ実際、この内戦は本当にひどかったらしい
特にこいつらが)。

と言っても、この作品は考証がどうこうより、ストーリーと演出である。
文明の重要性と内戦の悲惨さを雄弁に語る内容、
さまざまな立場のさまざまな思惑の表現、
資本主義の背後にある醜い現実の見事な描写。
そして納得の行くわかりやすい展開。

映画ってこうやって作ると面白くなるんだなと短絡的に思ってしまった。

こんな面白い作品は久々に見ました。
老若男女問わず薦められる話なので、是非見てください。
「戦争が嫌い」でかつ「ダイヤモンドが綺麗だと思う」人には特にお勧めです。
視聴後に「気分悪くなった、責任取れ」って言われても困るけど。

まあケーハクな部分もかなりあるんだけどね。でもいいんだ。
俺はケーハクな感動で十分な人間なんです。

総評 92/100点
役者  ハリウッドでは最高レベルかな
監督  よくぞここまでやった
演出  かなりがんばった
[PR]
by neo_logic | 2007-06-20 21:26 | メディア評
【書評】 汝ふたたび故郷へ帰れず (飯島和一 著)
久々の書評。
歴史作家の飯島が書いた現代もの。

傑作。

あまりボクシング関係の小説を読んだことがなかったので、
ちょっと興味を持っていた。

文藝賞受賞作だから外れもないだろうと
思っていたのだが、これは予想以上だった。
このサイトに来る人なら、まず間違いなくお勧めできる。

挫折しかけたボクサーが再起をかけて挑む。
日本一位のボクサーに十回戦で戦う。
ただそれだけの話だが、周囲の人々を通じて描かれる心理描写が秀逸。

ごく私見だが、格闘技というのは縁だと思う。
格闘技に関わる人が、それを続ける最大の理由はそこに縁があるからじゃ
ないだろうか。

実際のところ、格闘技なんてやらないにこした事は無いと思う。
なにせ金にはならない。女にはもてない。社会的名声も大したもんじゃない。
痛えし臭えし辛えし、ろくな事がない。
見る分には格好いいかもしれないが、伊達と酔狂でできるもんじゃない。

それでも、その世界でプロを目指そうなんていう気になるのは、
これはもう縁があったからと言うしかない。
本能というのは簡単だが、進化しすぎてしまった人間という生物が、
本能だけでリングに立つというのは、あまりに短絡的である。

この作品は
「ヒーローが唐突な修行でチャンピオンになる作品」でもなければ、
「人生の辛さに耐えかねて挫折する作品」でもない。
ただ、この作品から得られる感動は、そういう作品の感動を内包している。
それは、人との縁を通じて描かれているからだと、僕は思う。

感動したか感動しなかったかという観点だけで言うなら、
ここ3年で感動した作品はこれ一つだけだった。

「カマーン、ボーイ、カマーン!」

総評 99/100点
文章   満点
構成   満点
人物   合格点
[PR]
by neo_logic | 2007-01-27 11:15 | メディア評
【書評】 塗仏の宴 講談社(1998)
京極夏彦の小説を薦めると、いつも
「長い」とか「冗長」とか言われる。
否定はしないが、面白いだけいいと思うんだがな。

まあ、そんなわけで読了したのだが、確かに長かった。
休日に小説を読まないのでどうしても時間がかかる。
「山猫の夏」や「果てしない物語」を一日で読了した日々は
もう遠く過ぎ去ってしまったんだなあと思ってしまう。

しかし、やっぱりこいつは面白かった。
たしかに薀蓄を入れると小説というのは長くなるが、
それを冗長とまで言うのは少し短絡的だ。
構成さえしっかりしていれば、小説と言う媒体に
無駄というものを入れる余地はそんなに無いと思う。

以下ネタばれ。いいか、こんな古い小説でそんなこと言わなくても。

ものすごい人数と組織がごったがえす話である。
まさしく文中にあるとおり百鬼夜行だ。

そしてこの話は京極堂もさることながら、やはり木場と榎木津である。
この二人が最高にいい。鮮やかな色彩を放つ脇役である。

ばかりか、今回、相手方が笑える。
韓流、藍童子、何仙姑、このあたりで面白い洒落だなあと思ったら、
これが思いっきり本筋。まさかそれで突き進むとは思わなかった。
勘のいいと言うか、中国映画を見まくっている人なら一発でわかる冗談だ。
これが実は全部つながっていたという大技荒業で、結末は大爆笑である。
なんとなくゴジラの怪獣総進撃を思い出した。

京極の小説は、古文漢文民俗歴史哲学心理あたりへの興味と
昭和の流行に関するイメージが無いと
面白さが半減する。といっても作品自体がいい出来なんで、
この小説からそういう世界へ入っていくのも手だ。
私の場合は両面からだったわけだが。

京極は昭和34年生まれだから、「酔拳」も「ゴジラ」も直撃世代だ。
影響うけてんだろうなあ。まるでその影も残ってないが。
となるとこの人、ある意味非常に荒木飛呂彦に似てるのかもしれん。
パロディの宝庫なのに、どうみてもオリジナルというところで。

誰にでも薦めらるとは言わんが、迷っている人には薦められる。
特に30代の方には、思わずにやりとするところがあるんじゃないだろか。
[PR]
by neo_logic | 2006-10-05 22:16 | メディア評
【DVD評】 イブ仮説 2002年アメリカ/ 90分/ カラー
アメリカで放送された教育番組、ディスカバリーシリーズのうち、
日本販売されているものの一つ。日本での代理店は角川書店。

遺伝子と考古学の融合により、新たにわかった人類全ての母、
「イヴ」の子孫たちがどのように世界へ拡散していったのかを
ドラマチックに描いている。

こういう教育系のビデオって、遺伝子や考古学に関する理論の
込み入った説明や論文紹介が無いから一見面白く見えるんだけど、
なんでそんなことがわかったんだかさっぱりわからんのだよな。

と思うのはやはり見方を間違えてるんだろうか。
まあ反論や反駁がこのビデオだけ見てできなくてもいいのはわかるが。

少なくとも単一起源説というのが単なる妄言ではないことはわかった。
もっと漠然とした仮説かと思っていたから、感想としては面白かった。
あと英語の勉強になった。
教育番組はゆっくり明晰に発音してくれるのがありがたい。

そういえばこれってキリスト教やユダヤ教的なイデオロギーの影響って
本当にあるんだろうか。いまいちこの話をノアの箱舟と比べてもしょうがない
気がする。これはもっとちゃんとした論争だ。

パラサイト・イヴなんかはこれを題材にしているものの、
フィクションのテーマとしてはちとまっとうすぎるな。
[PR]
by neo_logic | 2006-09-20 05:59 | メディア評
【映画評】 時をかける少女 2006年日本/ 99分/ カラー
子供のころに見たかった映画。
出来はいいです。誰が見ても面白いと思う。

総評 80/100点
ストーリー   合格点
キャラクター  合格点
コンテ     及第点
[PR]
by neo_logic | 2006-08-21 23:16 | メディア評
【書評】 駿河城御前試合  南條範夫 徳間書店(2005)
よーやく手に入ったので一気に読了。
一日で小説一冊読めたのは久々だ。

駿河城のいかれた殿様が、
太平でつまんねーから真剣勝負やらせようぜ、
というイベントに集まった10組20人の剣士たちは、
いずれも「なんつーか、こう、もうちょっとさあ・・・」
という奴らだったという話。
巷説、寛永の御前試合は、この話が元ネタだったという設定です。

時代小説じゃないです。これ。
SM小説。それ以外のなにものでもありません。
しかもエロはほとんど無し。グロ。ひたすらグロ。
刃物と血と脳漿と臓物が飛び交います。

昔団鬼六の切腹するだけの短編を読んだことが
ありますが、あれは読者をびっくりさせようとしてグロく書いただけ。
あー、気持ち悪がってほしいのね。はいはい。
みたいな気分になるだけでした。

こっちは違います。
真剣で本気。武士道に殉じた生き方をしてるのに、
なぜか幸運に見放された哀しい剣士たちの物語。
はたから見てると大爆笑なんだけどな。

なぜ女をめぐって戦ってるのに、
そのうち女がどうでもよくなって戦うことしか考えなくなるんだ。
いや、往々にして男というのはそういうものだという気もするが。

Kー1や空手を見て、乱暴だとか野蛮とか思う人って
こういう風に見えてるのかもなーと思いました。

しかしなぜスプラッタって笑いが止まらないんだろう。

【評価】
総評 85/100点 (奇作)
残虐度 合格点
悲哀度 及第点
常識度 落第点
[PR]
by neo_logic | 2006-07-22 16:21 | メディア評
【書評】 デス・ノート  大場つぐみ 小畑健 集英社(2006(最終巻))
見事である。
これほど完成されたコミックを見たことはないし、
今後、類似した作品がいくら出てこようとも、
この作品を超えることは至難の業だと思う。

私はロジックで勝負する作品はすこぶる苦手である。
細かく考えるのが苦手だからだ。

だから、ミステリの類はまず全部推理せずに読む。
そして、その後、面白ければ何度か読み返して考えて、
そして結論を出す。

したがって、「そんなもん読者に解けるわけねえだろ!」
と、読みながら思うということは無い。
むしろ、作者がどういう意図を持って作品をつくり、
どうやって結論付けたか、というところに視点を置く。

そしていろいろ諸般の事情を総合的に考慮し、
1.限度をはるかに超えた常識の逸脱がない。
2.作中で作ったルールを守っている。
3.緊張感やカタルシス、ドラマがある。

あたりが守られていれば傑作扱いする。
まずここは守られていた。

もちろん、デス・ノートは非常識な前提があり、
登場人物が異様に心理的な解釈に長けすぎていて、
作中のルールはしばしば破られ、中だるみもある。

しかし、少なくとも自分にとっては、許容できた。
むしろ、私の想像を大幅に超えて達成された。
だから、少なくともこの作品は私にとっては傑作である。

そして、追加点がある。
これがジャンプ・コミックスという
媒体によって提供されたということである。

コミックは、映画や小説よりも高い要求がなされることがある。
ましてや週間連載はそれに拍車がかかる。
完成度が高いというだけではダメだ。
ひきつける画力やコマ割を持ち、次号への期待を抱かせる必要もある。
デス・ノートは、それも乗り切った。

さらにジャンプ・コミックスの特徴は「努力・友情・勝利」という点にある。
そしてもう一点、どんなにつまらなくなっても売り上げが続く限り続ける、
という点もある。
デス・ノートは、破格ではあるものの、この特徴には該当している。
該当しつつも、作品の質を致命的に落とすことなく乗り切った。

すさまじい作者の根性である。

ごく個人的には、デス・ノートの前提となる超能力的な設定は
あまり好きではない。
登場人物の哲学や作者のメッセージに対しても、
それほど共感する点があるわけでもない。

デス・ノートを評価するのは、短所を抱きつつも、致命的な失点を防ぎ、
長所を引き出せる限り引き出したという、総合点の高さがあるからである。
一つの作品が世に出るまでの多々ある関門を乗り切り、
加えて絵やドラマ、ロジックも高い水準を維持したという、
あれこれある諸要素を抱えながら前に踏み込んだという成果を
出したからである。

「たった一つでも決定打となる長所があれば、
他の短所なんて全部目をつぶってもいい」

というのが、私の作品へのスタンスである。
デス・ノートは

「決定打となる長所があり、しかも短所がそれほどない」
という作品である。

だから、私の及第点をはるかに超えている。

十分に自分が楽しめて、他人にも自信を持って薦められる作品である。
満点と言い切れないのは、これは単純に「個人の超人性なんて限界がある」
という、大人びた常識の足かせを引きずっているだけに過ぎない。
作品としての欠点ではないと思う。

多くの読者がやっている細かい点についての議論には私は参加しない。
参加できるほど私の頭が良くないからである。

【評価】
総評 95/100点 (傑作)
主題   合格点
設定   合格点
美術    合格点
構成   合格点
大衆性  合格点
個性   合格点
[PR]
by neo_logic | 2006-07-17 15:25 | メディア評
ダ・ヴィンチ・コード 2006年/米/140分
今回は小説を読んだと言う前提で書きます。

メディア移植の中で、最も頻繁で、最も非難が多いのは
やはり小説から映画にするときだろう。

小説のほうがたいていロジックが緻密だが動きに乏しく、
映画は大味だが視覚聴覚に訴えてくるようになる。
成功のコツは、それぞれのメディア向きの要素を抽出することだ。

ダ・ヴィンチ・コードは、作り手がすごくがんばった。
小説にかなり迫る面白さだった。
だが、やはり元ネタが複雑であるがゆえに、
映画だけ見てもなかなか完全に理解できる人は少ないだろう。

「よくここまでやったなあ」という賛辞と
「うーむ、まだまだここまでかあ」という残念さが
両方入り混じるつくりだった。

良点はやはり美術である。
ダヴィンチの作品にせよ教会にせよキャラクターにせよ、
見せりゃ一発だ。
「ヨーロッパってなんて美しいんだろう」
「狂信者ってなんて醜いんだろう」
ここを見せる上では、完全な成功だ。

一方で
「うわ、そんなに間単に暗号解読されちゃうの?」
「えー、そこでぶん殴って解決なの?」

みたいな要素も多かった。
小説だとすっ飛ばせるところが妙にクローズアップされたり、
逆に重要なところがすっ飛ばされてしまっていたり、
やはり難しかったんだろーなー、とも思わずにはいられない。
まあ露骨につっこむと野暮ったいがそれでも気にはなる。

両者を加味して、もう一つ評価できるのは
徹底して地味なつくりにしたことだ。
大人向けの渋い作品である。

見かたを間違わなければ、見る価値は結構あると思う。
「キリストにも、恐らく水の上は歩けないだろう。
けれども影響力があり、多くの命を救っただろう」
これを言えてればいいのだ。

あーあと、俺やっぱりトムハンクス嫌い。
こいつ絶対に偽善者だ。

【評価】
総評 70/100点 (良作)
美術・音楽・演出 合格点
役者         及第点
ロジック       落第点
[PR]
by neo_logic | 2006-05-21 21:59 | メディア評
トム・ヤム・クン 2005年タイ/ 110分/ トニー・ジャー
「マッハ!!!!!」で、全世界を驚かせた爽快なムエタイアクションの再来。

トニージャーは「象はどこだ!」以外の台詞をほとんど喋らない。そんなに演技が下手なのか(笑)。

やっぱりアクションはすごいです。でも、動きがすごいっていう理由だけで持っていけるのは今回までですね。今後、トニー・ジャーをジェット・リーの領域まで高めるには、もっと多様な話に通用する役者に育てなければならない。今回は今回でいいのですが、次はどうするんだろう? という感じがしました。

なんか冷めてるのは、やっぱり「マッハ!!!」の衝撃ほどではなかったからか。
本作も面白いんですけどね。

【評価】
総評 75/100点 (蹴作)
ムエタイ  満点
ストーリー 及第点
[PR]
by neo_logic | 2006-05-05 10:40 | メディア評