セキュリティ系エンジニア。IT技術について書いているふりをしています。
by neo_logic
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Twitter
Twitter
検索
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
カテゴリ:社会科学の世界( 1 )
【社会科学の世界】南部スーダン独立に関する簡単な説明
南部スーダンが独立するちゅう話なので、
ここがどういう地域なのか、簡単に説明します。

この地域については詳しくない人が多いようなので、
まずは地図をどうぞ。ダルフールってのは別の紛争があったところです。

f0075557_10155784.gif




【超特急の歴史】

1898年、ええと日本では日清戦争と日露戦争の間ですか。
そのころ、この地域はイギリスとエジプトによる共同統治をやってました。

1955年、東西冷戦がそろそろ派手になってきたころですね。
スーダン南部で反乱が起きて内戦が始まりました。

1956年、スーダン共和国として北部と南部が統一して独立しましたが、
北部が偉そうなので南部はおさまりません。

1972年のアディスアベバ合意で南部はようやく自治権を獲得、
長い内戦は終わりました。

ところがです。



【内戦が始まる】

1974年、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンラモンに本社を置く石油関連企業、
シェブロン社が、なんとこの地域に油田を発見してしまいました。
北部住民たちはこれを知って色めきだちます。

1983年、時のスーダン大統領モハメド・アン=ヌメイリ政権は、
南部の自治権や将来の分離独立の住民投票を蹴っ飛ばしました。

その背景にはハッサン・アル=トゥラビ率いる政治団体、
民族イスラーム戦線の圧力がありました。

f0075557_10485798.jpg
ハッサン・アル=トゥラビ



アラブ系イスラーム
が多い政府はこの地域の法律に
イスラーム法シャリーアを導入してイスラーム勢力の取り込みを図り、
南部の州を分割しました。

黒人系キリスト教徒
の多い南部はこれに大反発を起こし、
南部の最大勢力ディンカ族のジョン・ガラン大佐を中心として、
スーダン人民解放軍/運動 (略称はSPLA/M) が挙兵します。

f0075557_10502183.jpg
ジョン・ガラン



【内戦が泥沼化する】

そこにウガンダの内戦やダルフール紛争といった周辺地域の紛争も加わり、
だんだんわけがわからなくなります。

1989年、オマル・アル=バシールがスーダン政府の大統領になると、
SPLA/Mに反撃を開始し、戦闘は恒常的なドロヌマ状態に陥ります。

1995年頃の情勢を整理しましょう。

政府側(主にアラブ系)           南部側(主に黒人系)
スーダン政府(国民会議)        スーダン人民解放軍/運動 (SPLA/M)
民族イスラーム戦線            正義と平等運動
ウンマ党            VS     東部戦線
民主統一党
遊牧部族ミッセリア            エリトリア多党派連合国民民主同盟
神の抵抗軍                 ウガンダ人民国防軍

なんつーカオス。これ整理じゃねえよ。

なお、民族イスラーム戦線は正義と平等運動とも内通しているという
ウワサもあり、実態はより複雑です。

ともかくこうして、内戦が再開してしまったのです。

約190万人が死亡し、400万人以上が家を逐われました。
これは第二次世界大戦以降でもかなり大規模な死傷者です。


f0075557_1047295.jpg
対立勢力の襲撃に備えて武装する住民




【終結と今後】

2002年、ケニアで南北の和平交渉が成立します
2005年、南北包括和平合意(CPA)が署名され、6年間の自治と
イスラム法の不適用を決定しました。

そして2011年1月9日、本日。ついに独立を住民投票で決定することになりました。
現在のところ、独立は達成できそうです。


国連はこの選挙において、俳優ジョージ・クルーニーの提案で、
衛星を使ってこの投票で紛争が起きないかを監視し、
また各国から多数の治安維持部隊が入りました。

日本の菅内閣も、国際平和協力法に基づく監視団を派遣しました。
現在、外務省や内閣府職員、自衛隊員らが現地入りしました。
21日に帰ってくるそうです。

しかし、独立が決定したとしても、まだまだ課題は残されています。

たとえば、激戦地となった中部の油田地帯アビエイについて、
当然、南北双方とも自領への組み入れを狙っています。

で、南北どちらに帰属するかを投票で決める予定なのですが、
そこで「アラブ系遊牧部族ミッセリアは有権者なのか?」が重要になります。

ミッセリア自身は北への残留を主張していますが、
なにぶん季節によって移動するので難しい状態です。
この人たちの投票で事情が大きく変わるので油断できない。

そんなわけで、住民投票は延期。
アビエイは帰属が決まっていません。

対立が続けば、北の支援を受けるミッセリアとSPLA/Mが再度衝突かも・・・・・・
とも言われています。

さらに大統領が、「南部が独立したので北部はイスラム法シャリーアを強化する」
と言った事も問題になりそうです。北にも非イスラームがいるので、反発は必至です。

南部であまった武器の問題もあります。
西部ダルフール地方で戦っている反政府勢力に流れるという話もあります。

なんとか平和に解決がつけばいいのですが。




というわけで、南部スーダンの簡単な解説でした。

アフリカには豆腐が無いのでギャグもオチもありません。
ではまた。
[PR]
by neo_logic | 2011-01-09 10:33 | 社会科学の世界