セキュリティ系エンジニア。IT技術について書いているふりをしています。
by neo_logic
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
Twitter
Twitter
検索
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
【書評】 ディエン・ビエン・フー 西島大介 2007 小学館
デフォルメによってベトナム戦争の悲惨さを浮き彫りにするのではなく、
デフォルメによってベトナム戦争を面白く描いてしまった困った作品。

しかもそんな作品なのになんか面白かった。
見た目は対照的だが、シグルイやヘルシングに近いものがある。

評価:80点
[PR]
by neo_logic | 2008-02-25 19:42 | メディア評
【映画評】13 ザメッティ/2005仏=グルジア/モノクロ
うげー。

こんな気分悪くなる映画久々に見ました。
なんかフィルム・ノワールを思い出すようなモノクロ映画。
バッド展開にバッドエンド。悲惨すぎ。

主人公の描写の甘さとかいくらなんでも非現実的とか
なかなか突っ込みどころも多いのですが、私は相当引き込まれました。
こういう作品をリアルと感じる性質を持ってるみたいです。

嫌な気分になる映画にはこれまでも出会いました。
ダンサー・イン・ザ・ダークとかザ・フライ2とか。
ただ、それとなんか違うんですよね。
なんつーか「人生ってのはこんなもん」と言われたようでグサッときました。

なんだか、私はこの主人公みたいな一生を送る気がします。
希望や理屈じゃなくて直感として。

夢に出てきそう。やだなぁ。

総評:80点
役者:90点
脚本:75点
雰囲気:75点
[PR]
by neo_logic | 2008-02-11 00:40 | メディア評
【書評】アメリカ 非道の大陸 多和田葉子(2007) 青土社
紀行文みたいなフィクション。
アメリカに行ったみたいな気分になれる。

ストーリー皆無。
突っ込みたくなるくらい展開上は何も起こらない。
次の章に入ると全く違う話になっているし。

ただ、肌にアメリカが伝わってくるというか、生々しさが込められている。
文章が上手な人はこういう本を書くのかと感嘆。
目に風景が浮かぶだけでなく、音や匂い、気配まで感じられる、そんな作品。

でも、もうちょっと面白く書いてもいいんじゃないですか?

評価:72点
[PR]
by neo_logic | 2008-02-05 21:01 | メディア評